製造工程

第1のキーワード 製品設計時からのご提案 (金型制作から成形まで)、第2のキーワード 測定技術による製品精度の保証、第3のキーワード 量産工程における生産性の向上 (ハイサイクル成形への対応)

品質管理

現場で造られた金型およびマスター(電極)と、これから出来る製品の測定を行い、そのデータを管理、整理します。
測定には三次元測定機、顕微鏡、表面粗さ測定機、画像処理機などがあり、正確なデータを収集します。

仕上げ(組立)

他の部署の加工で残った部分をヤスリやモーターツールを使って仕上げ、金型の精度を高めていきます。
組み立てや最終調整もここで行われ、すべての工程が終了した時点で成形し、製品の確認を行います。

測定器 設備一覧

  • 【三次元座標測定機】ミツトヨ製 RVⅡ707
  • 【三次元座標測定機】ミツトヨ製 BRIGHTA710
  • 【三次元座標測定機】ミツトヨ製 BRIGHT504
  • 【真円度測定機】Taylor Hobson製 TALYROND265
  • 【画像測定システム】Nikon製 NEXIV VWR-3020
  • 【画像測定システム】ミツトヨ製 QuickVisionPRO
  • 【顕微鏡】TOPCON製 TMM-260D
  • 【表面粗さ測定機】東京精密製 SURFCOM 480A
  • 【オートコリメーター】Nikon製 6D
  • 【デジマイクロ】ミツトヨ製 VL-50AS
東京精密 XYZAXSVA fusion7/5/5
ミツトヨ RVⅡ707
ミツトヨ BRIGHTA710
ミツトヨ BRIGHT504
東京精密 SURFCOM 480A
Taylor Hobson TALYROND265
ミツトヨ LITE MATIC VL-50AS
Nikon NEXIV VWR-3020
ミツトヨ QuickVisionPRO
Nikon 6D
  • back